ニュース

新松戸レモンは無農薬だから皮までおいしく食べられるって!

今、国産レモンが盛り上がりを見せています!

天候不順のために、外国産レモンの値段が高騰している影響もあり、
20年前と比べるとレモンの国内生産量は、なんと4倍にも増えていて、九州、広島、関東など日本各地にレモン栽培が広がっています。

広島県の「瀬戸内レモン」は有名ですよね!

実はレモン栽培の先駆けは、千葉県松戸市になります。それは26年前までさかのぼります。

鵜殿さんは、市街地の新松戸の畑でも栽培できる作物を探していました。

その当時運営していた園芸店で、売れ残ったレモンの鉢植え3本を育てたのがきっかけで、8年前から本格的にレモン栽培を始めました。

レモンの産地として有名な広島県に代表されるように、レモンは温暖な気候が適しています。

鵜殿シトラスファームでは比較的寒さに強い、マイヤーレモンという品種を栽培しています。

これが、鵜殿さんが20年もの長い間試行錯誤を繰り返し、やっと辿り着いた「新松戸レモン」(マイヤーレモン)です!

「新松戸レモン」の特徴とは?

形:丸く、小ぶりでライムくらいの物から、200gくらいのものまで
味:一般的なレモンより甘みがあり、まろやかでほのかに甘い香り
無農薬:防カビ剤、ワックスを一切使用していないので、皮まで食べられる
収穫時期:9月~2月頃

美味しい「新松戸レモン」を見分けるコツ
その1 全体に色むらがなく、黄色くなっている
その2 ヘタの切り口が緑色
その3 軽く押さえた時に弾力がある
その4 手で持った時に重みがある(果汁がたっぷり!)

「新松戸レモン」の保存方法
その1 丸ごとの場合は、ビニール袋やポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存すれば1ヶ月ほど保存が可能

その2 スライスの場合は、ラップの上に重ならないように並べ、上からラップでぴったりと挟めば数ヶ月ほど冷凍保存が可能

その3 絞った果汁なら、容器に入れて数ヶ月ほど冷凍保存が可能

鵜殿さんが経営する柑橘類直売所「MONPE(もんぺ)」。
こちらの直売所ではレモンのほか甘夏やみかんなど、新松戸産の柑橘類が買えます。
3月頃までの期間限定販売です!

住所:松戸市新松戸6-16
営業時間:10:00~17:00(月曜定休)